合宿免許申し込み前に注意しておくこと

by:

船舶免許費用資格/習い事

就職前に学生が運転免許証を取っておくのは賢明です。社会人になるとなかなか時間も取れないからです。利用するのは、安くて短期間であるということから合宿免許が人気ですが、申し込みの前に幾つか注意しておかなければならない点があります。まず、値段ですが、確かに通学するよりも数万円近く安い価格設定になっています。

ただし、これはあくまでも定められた期間内で合格すれば話で、もし試験に合格できなければ滞在を延長しなければなりません。そうすればホテル代や補講代が掛かってくるので、かえって高くつくことになりリます。また、滞在を止めて、地元でということになると、入学料を取られてしまい、同じような結果になってしまいます。また、短期間で合格ということから、ややもすれば試験が甘くなりがちで、本人も運転が未熟なまま免許証を手にすることにもなります。

さらに、合宿免許に行く場所と時期も考慮しなければなりません。合宿免許を行っているところというのは大抵が地方ですから、例えば実地練習も、そのときは通行量が少なく、運転しやすいのですが、いざ都会に帰ってくると人も車も通行量が多く面食らってしまうことにもなります。また、閑散期に申し込むと通常よりもさらに安く、通学よりも10万円近く安くなる場合もありますが、例えば冬に地方に合宿免許に行くと、雪が待っています。いきなり雪道で実地というのも大変ですし、最悪の場合は雪で運転が出来なくて中止になることもあります。

そうすれば滞在日数が延びるだけです。また学科試験自体も都道府県によって若干異なったりします。免許証を取得するという目標は、通学でも合宿でも変わりありませんので、その気持ち持っていればどちらでも構わないのですが、上記の事柄を踏まえて、合宿免許に申し込んで失敗することは避けるようにしなければなりません。船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です