小型船舶免許で操縦できる船舶の種類に注意

by:

小型船舶免許費用資格/習い事

小型船舶免許は海の上でスポーツやレジャーを楽しみたいと言う人にとっては、非常に魅力的な免許となっています。モーターボートや小型クルーザーなど、マリンスポーツを楽しむために拠点とする船を操縦できる事は、その自由度を高めることができるとともに楽しみ方を広げる意味でも非常に良い方法となっているためです。しかし小型船舶免許を取得しても、最近の流行であるジェットスキーや水上バイクなどを操縦する事はできないため、この点には注意が必要です。小型船舶免許の基本的な考え方は、通常の船舶免許の中で小型の船舶に限定して操縦することができるものとなっており、あくまでも一般の船舶免許の補助的な位置づけと考えることができます。

安全上の観点からあまり沖合には出ることができなかったり、船舶の大きさが限定されているだけで基本的な知識や実は船舶免許の全体の考え方と同じになっています。しかしジェットスキーや水上バイクは船舶とは異なり、その操縦方法が大きく違うばかりでなく利用する場所も比較的人が集まりやすい部分に集中しているなど、独自の部分が少なくありません。小型船舶免許は海上で船舶を操縦する場合の基本的な知識を身に付けることができるものです。これを取得することによって船の操縦に必要な海上交通のルールを学び、さらに大型船舶の免許取得にチャレンジすると言う人も少なくありません。

そのため、ジェットスキーや水上バイクとはその意味合いが全く異なるため、その違いに注意をすることが必要です。小型船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です