小型船舶免許症の交付方法

by:

小型船舶免許費用資格/習い事

小型船舶免許は1級と2級と特殊の免許がそれぞれあります。1級と特殊の免許を両方とも取得している人は、両方の免許があわせて表示されている、1枚の操縦免許証が発行されています。2級と特殊の免許を両方とも持っている人も、同じように1枚の免許証が交付されます。小型船舶免許申請のための用紙は、運輸局の受付窓口などにおいて無料で配布されているため、申請をしたい人は運輸局などへ取りに行くことが必要です。

特殊免許だけを取得している人が、その後で1級の免許を取得した時には、新たに発行される操縦免許証には、1級と特殊のどちらも表示されます。この新しい免許証の有効期間は、新たに交付された操縦免許証の交付日から起算して5年間です。1級の免許だけを取得している人が、後から特殊の免許を後で取得した場合も、上記の方法と同じ方法で新しい小型船舶免許証が発行されます。免許の申請をするためには、用意しておかなければいけない書類もあります。

免許証には住所などを表示する必要があるため、初回の申請時には、本籍が記載されている住民票が必要になります。免許を申請する時には、それぞれの申請に必要な写真を用意する必要もあり、用意する写真のサイズは、45ミリメートル×35ミリメートルです。発行された操縦免許証には有効期間が設定されていて、有効期間が経過したら更新のための手続きが必要です。更新をする際には更新講習を受ける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です