小型船舶免許を取る方法について

by:

小型船舶免許費用資格/習い事

小型船舶免許は、ボートや水上バイクなどの操縦をするのに必要なものですが、免許を取得する方法は2つあります。それは、国家試験を受ける「受験コース」と、登録小型船舶教習所を利用する「教習コース」であり、この2つの方法には、費用や合格率などに多少の違いがあります。また、小型船舶免許には1級や2級などの種類がありますが、取得の方法は、どの免許でも上の2つの方法から選ぶことが可能です。それぞれの方法の説明をすると、まず「受験コース」は、国家試験を受けて合格することで取得するというもので、免許スクールに通って講習を受けるケースや、独学で勉強するケースがあります。

ようするに、スクールで勉強するか、独学でやるかの違いであり、最終的に国家試験を受ける点は同じです。免許スクールは、受講料がかかりますが、学科や実技の講習をしっかりと受けた上で国家試験に臨むことができるメリットがあります。そして独学の場合は、スクールの通う費用を節約できるメリットがありますが、実際には学科は自分で勉強して、実技の練習だけスクールを利用するケースが多いようです。一方の「教習コース」は、登録小型船舶教習所と呼ばれる、国土交通省に登録された教習所で講習を受ける方法になります。

この教習コースでは、国家試験と同等の学科と実技の修了試験に合格すると国家試験が免除され、そのまま免許を取得することができます。小型船舶免許を取得するための費用については、受験コースのほうが安くなりますし、スクールに通う場合でも教習コースより安いと言えるでしょう。合格率に関しては、教習コースのほうが高くなりますが、受験コースでも合格率は9割以上あります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です