小型船舶免許を取得する方法

by:

小型船舶免許費用資格/習い事

本当に小さなボートを運転する場合は、免許などを取得しなくても問題ないです。ただ沿岸区域で20トン未満の船を操縦したいと考えている場合は、小型船舶免許を取得しないといけません。釣りやクルージングをするときに利用することができる免許になりますから、各自の好きな方法で船を有効活用していくことが可能です。小型船舶免許を取得すると、海のいろいろな乗り物を運転できるようになれるイメージがあるかもしれませんが、実際には水上オートバイなどは運転することはできない特徴があります。

陸上の運転免許でも普通の自動車免許を持っていても、バイクを運転するには専門の免許を取得しないといけないです。そのため海や湖などの乗り物も、それぞれの専用の免許を取得していかないといけません。免許を取得することができる取得年齢についても若干違いがありますから、取得年齢に到達をした段階で行動に移すのが大切になります。小型船舶免許を取得するには学科講習を受けないといけませんし、実技講習も当然ながら受けることになるので、安全に船が運転できるようになれる筈です。

最終的に国家試験を受けることによって、合否を決定していくことになります。仮に不合格になっても再度チャレンジすることができますから、何回かチャレンジすれば合格することができるはずです。小型船舶免許には1級と2級がありますが、基本的に1級のほうが難易度が高くなるような特徴もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です