小型船舶免許が必要になる場合とは

by:

小型船舶免許費用資格/習い事

小型船舶免許には一級と二級、特殊の3区分があり二級には湖川小出力限定免許も存在します。エンジンを搭載したモーターボートなどを操縦するには一級や二級が必要になり、水上オートバイを操縦するには特殊免許が必要です。一級は航行可能な区域に制限がなく、二級は海岸から5海里までに制限されています。湖川小出力限定の二級免許は湖や河川に限定されており、特殊免許は湖岸や海岸から2海里以内で水上オートバイを操縦するために必要になります。

小型船舶免許には国家試験があり、基本的に学科試験と実技試験に合格しなければなりません。個人が独学で勉強をして学科試験に合格することも可能ですが、実技試験は指導を受けられないため合格は困難です。登録小型船舶教習所では学科・実技の教習を受け最後に修了試験が行われます。学科・実技の全課程を履修して修了試験に合格すれば国家試験が免除になります。

例えば一級免許を取得するために必要な教習の最低受講時間は学科が24時間で実技は12時間とされます。特殊免許ならば学科が6時間、実技は1.5時間で取得可能です。効率的に小型船舶免許を取得したい場合には、登録小型船舶教習所を利用するとよいでしょう。登録小型船舶教習所の他にも、プロの指導を受けられる場所として免許スクールが存在します。

免許スクールでは国家試験に合格することを目的とした講習が行われています。講習日程や費用などは各スクールで異なるので、状況に合ったものを選ぶ必要があります。学科試験は独学で対応して実技の教習だけを免許スクールで受けることも可能です。実技指導のみを免許スクールで受ければ、費用を抑えつつ効率的に小型船舶免許を取得できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です