小型船舶免許の勉強法

by:

小型船舶免許費用資格/習い事

小型船舶免許を取得するにあたって、対策が必要なのは実技と学科です。実技試験に関しては、独学が難しく民間が運営している免許スクールに通った方が無難です。学科のテキストをセットにしたプランを提供している所も多く、そういったカリキュラムを利用するのも良い方法でしょう。独学で小型船舶免許用の勉強をするなら、市販のテキストを購入することから始めます。

注意したいのは、種類によってテキストが分かれている点です。一級・二級、特殊といったように種類が分かれているためそれに適したテキストを購入しなければなりません。勉強法としては、テキストに目を通して概略を理解したのちに過去問へと移行するのが効果的です。小型船舶免許の学科試験では、出題パターンがある程度限られていてその中から出題されることが多いのが理由です。

主に3つの教科がありますが、小型船舶操縦者の心得および遵守事項については法令に関する問題が多いです。航行を安全に行うための、船長の心得やとるべき行動が問われます。法令を一通り学ばなければ解けない問題もある一方で、常識的に判断すれば良い設問も多いです。交通の方法という名の教科は、海上における交通法規が問われます。

海事用語を理解しておく必要があるものの、そこまで難解な問題は登場しません。過去問題を暗記しておけば、十分に対応可能です。運航(一般)では、船体構造・機器類にまつわる問題が出てきます。こちらも過去問題を解いておけば、ある程度対応できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です