小型船舶免許を取得するまでの流れについて

by:

小型船舶免許費用資格/習い事

小型船舶免許は総トン数が20トン未満の船舶を操縦するために必要になります。操縦免許には一級と二級、特殊の3区分がありエンジンを搭載したモーターボートなどの船舶を操縦するには一級か二級を取得します。水上オートバイを操縦するために必要となるのは特殊小型船舶免許です。二級には湖川小出力限定の区分があり、エンジンの出力は15キロワット未満とされています。

一級免許で操縦できる区域は制限がありませんが、二級免許は海岸から5海里に制限されています。湖川小出力限定の二級免許は湖や河川のみ小型船舶を操縦可能です。特殊免許は湖岸や海岸から2海里の範囲で水上オートバイを操縦するために必要になります。小型船舶免許を取得するには登録小型船舶教習所や免許スクールに通うか、独学で勉強をして国家試験を受ける方法が存在します。

登録小型船舶教習所では所定の学科や実技の教習、修了試験が行われます。学科と実技はいずれも規定の課程を履修する必要があり、修了試験に合格すれば国家試験が免除されます。免許スクールに通う場合には講習を受講して国家試験を受験します。各スクールでは試験に向けて独自の内容や時間で講習が行われています。

個人が独学で国家試験を受験することも可能ですが、学科試験に対応できても実技試験の練習ができないため合格は困難です。学科は独学で学んでコストを抑えつつ、実技は免許スクールを受講してプロの指導を受けるケースが多く見られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です