船舶免許の取得は難しい?

by:

船舶免許費用資格/習い事

車の運転を行うのに免許が必要なように、小型の船を運転するのにも免許が必要といえます。免許がない状態で船を運転するなら事故を起こしかねませんし、正しい知識をもっていなければ命の危険も生じてしまうからです。では、船舶免許を取得は難易度が高いのでしょうか?船舶免許というと周りに持っている人は少ないので、よっぽど頭が良い人やお金持ちでないと取れないと思われがちですが実は、さほど難しくありません。小型船舶免許には1級と2級そして特殊小型、湖川小出力限定の4種類がありますが、いずれも国家試験で合格率は比較的高いといえます。

特殊小型船舶操縦士は合格率96%、煮優は97%となっていることから、難易度は低く比較的容易に取得できるといえます。しかし小型船舶免許の試験にはいくつかの条件がありますが、身体検査・学科試験そして実技試験が行われそれぞれの試験にすべて合格すると免許を所得することが出来ます。なお、免許の有効期限は5年間となっており、有効期限が近付いたなら更新手続きが必要ですが万が一有効期限が切れてもサイド取得することが出来ますので「有効期限が切れてしまったから、また一から試験を受けなければいけない」ということはありません。しかし、免許が切れてしまったなら操縦はできませんので、そのことはしっかりと明記しておく必要があります。

もし、「真っ青な海を自分で運転してみたい」と思う方は是非一度挑戦してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です